強度近視のウスカルフレーム、
デザイン重視のハイセンスなボストンタイプ
「ゼプラー」とは



強度近視のウスカルメガネ、
強度近視のかたにはもってこいの
超便利メガネフレーム。


そんなウスカルフレームから今回
「カットリムタイプ」と呼ばれる、
デザインを特に重視した
オシャレ心が満載のモデルが生まれました。


カットリムタイプの
クラシックな
ウスカルフレーム


「カットリムタイプ」と呼ばれる、
デザインを特に重視したオシャレ心が満載のモデル
(画像は、42□23 サイズの カラー1 ツヤありシルバー です)


モデル名は「ゼプラー(Zepler)」
です。

この見た目、第一印象ですべてが伝わる、
ボストン型メガネフレームの完成形
を目指しています。


メーカー参考小売価格
35200円(税込)
32000円(税抜)


大小2つのサイズをご用意し、
それぞれに4色のカラーを揃えて
準備万端です。


フレームサイズ

42□23
(フレームPD65)



44□23
(フレームPD67)



『ウスカルで最上級のモデル』
をイメージして製作した、
オールチタンの渾身の力作。

「カットリムタイプ」のボストン型の眼鏡は、
レンズシェイプの選定と
パーツ選びのボリュームのバランスが
きわめて難しく、

それに加えて
本体のカラーリングの配分に、
カットリム部分の七宝や転写による着色。

これらの経験値がすべて合わさり、
クラシック・デザインのなんたるかを
過不足なく活かすことが
重要なポイントでした。




研ぎすまされたアンティークな構造に、
サイズ 42□23(小さいほう)では、

カラー1 ツヤありシルバーの本体に、
カットリムは「ツヤあり茶色マダラ」の転写。

カラー5 ツヤありアンティークブラウンの本体に、
カットリムは「マットブラック」の七宝塗り。

カラー7 アンティークゴールドの本体に、
カットリムは「ツヤありブラック」の七宝塗り。

カラー9 アンティークシルバーの本体に、
カットリムは「ウォームグレーマット」の七宝塗り




この見た目、第一印象ですべてが伝わる
(画像は、42□23 サイズの カラー1 ツヤありシルバー です)




ボストン型メガネフレームの完成形
(画像は、42□23 サイズの カラー1 ツヤありシルバー です)



『ウスカルで最上級のモデル』をイメージして製作
(画像は、42□23 サイズの カラー5 ツヤありアンティークブラウン です)




「カットリムタイプ」のボストン型の眼鏡
(画像は、42□23 サイズの カラー7 アンティークゴールド です)




本体のカラーリングの配分に、
カットリム部分の七宝や転写による着色

(画像は、42□23 サイズの カラー9 アンティークシルバー です)


そしてサイズ 44□23(大きいほう)では、

カラー2 アンティークシルバーの本体に、
カットリムは「ツヤあり茶色マダラ」の転写。

カラー4 ツヤありアンティークブラウンの本体に、
カットリムは「ツヤありブラック」の七宝塗り。

カラー6 アンティークゴールドの本体に、
カットリムは「ツヤありクリアブラウン」の七宝塗り。

カラー8 ツヤありシルバーの本体に、
カットリムは「ライトグレーマット」の七宝塗り。





2つのフレームサイズとは、
42□23
44□23
のラインアップで、
それぞれは、

42□23 → 日本人の中で標準の大きさの顔の人
44□23 → 日本人の中でやや広めのPDの人

に向くように作っています。
目の中心と目の中心の間の幅が
42□23は61~65ミリの人向け、
44□23は63~67ミリの人向けです。




レンズの天地幅のサイズは、

42□23 → 36mm
44□23 → 36mm

で、同じ長さにしています。
どちらも、遠近両用などの累進レンズにも適し、
下の視野を広く取ることができるサイジングです。




(画像は、44□23 サイズの カラー2 アンティークシルバー です)



(画像は、44□23 サイズの カラー4 ツヤありアンティークブラウン です)



(画像は、44□23 サイズの カラー6 アンティークゴールド です)



(画像は、44□23 サイズの カラー8 ツヤありシルバー です)


カラーデータ  42□23

・カラー1 ツヤありシルバー/茶マダラ
・カラー5 ツヤありアンティークブラウン/マット黒
・カラー7 アンティークゴールド/ツヤ黒
・カラー9 アンティークシルバー/マット暖かい灰色

カラーデータ  44□23

・カラー2 アンティークシルバー/濃い茶マダラ
・カラー4 ツヤありアンティークブラウン/ツヤ黒
・カラー6 アンティークゴールド/クリア茶
・カラー8 ツヤありシルバー/ライトグレーマット


カットリムの前面に、
すべてのカラーバリエーションで
さまざまな塗り加工を施していることが、
このゼプラーの特徴でもあります。








マダラ系は「転写」という技法で塗られ、
一色系は「七宝」という技法で塗られています。


「転写」は、
42□23サイズで使った「茶マダラ」と、
44□23サイズで使った「濃い茶マダラ」は、
ほんの少し違うトーンです。
「茶マダラ」は、」明るくクリアで軽快な印象。
「濃い茶マダラ」は、深く渋みのあるトーンです。


「七宝」は、
42□23サイズで使った「ウォームグレーマット」と、
44□23サイズで使った「ライトグレーマット」と、
44□23サイズで使った「ツヤありクリアブラウン」は、
それぞれ違った色合い・雰囲気です。
「ウォームグレーマット」は、やや濃い目で茶色がかった色。
「ライトグレーマット」は、茶色みを含まない明るめのグレー。
「ツヤありクリアブラウン」は、透明感のある明るい茶色です。




「茶マダラ」は、」明るくクリアで軽快な印象
(画像は、42□23 サイズの カラー1 ツヤありシルバー です)




「濃い茶マダラ」は、深く渋みのあるトーン
(画像は、44□23 サイズの カラー2 アンティークシルバー です)



「ウォームグレーマット」は、やや濃い目で茶色がかった色
(画像は、42□23 サイズの カラー9 アンティークシルバー です)



「ライトグレーマット」は、茶色みを含まない明るめのグレー
(画像は、44□23 サイズの カラー8 ツヤありシルバー です)



「ツヤありクリアブラウン」は、透明感のある明るい茶色
(画像は、44□23 サイズの カラー6 アンティークゴールド です)


七宝は七宝でも、
同じ色であっても
「ツヤあり(グロス)」と「ツヤなし(マット)」
があります。
本体は同じ色でも、
42□23(小さいほう)のサイズでは
マット黒の七宝をカットリム前面に塗り、
44□23(大きいほう)のサイズでは、
ツヤあり黒の七宝を塗っていたりします。




レンズシェイプは
やや上半分をフラット気味にした
都会的なボストン型に造形。

最先端の時代を感じさせるシャープな印象に。




『ブリッジ』と呼ばれる中央の棒のパーツ、
また、『テンプル』と呼ばれる腕のパーツには、
彫り模様を入れたチタン素材を使用。
弾力性にすぐれ軽いという特徴も。

さびにくく長持ちし、
フィッティング性能に優れた素材となっています。




42□23(小さいほう)のサイズでは
マット黒の七宝をカットリム前面に塗り

(画像は、42□23 サイズの カラー5 ツヤありアンティークブラウン です)



44□23(大きいほう)のサイズでは、
ツヤあり黒の七宝を塗っていたりします

(画像は、44□23 サイズの カラー4 ツヤありアンティークブラウン です)



まず小さいほうのサイズ、
42□23 のほうから
ご説明していきましょう。


色の1つめは、
カラー1 ツヤありシルバー です。

本体のカラーはツヤありのシルバーですが、
カットリムのリム前面に
クリアな質感の茶色マダラの転写入りです。

女性にも馴染みやすいことを目指した、
軽快感のある仕上がりです。




カットリムのリム前面に
クリアな質感の茶色マダラの転写入り

(画像は、42□23 サイズの カラー1 ツヤありシルバー です)



女性にも馴染みやすいことを目指した、
軽快感のある仕上がり

(画像は、42□23 サイズの カラー1 ツヤありシルバー です)


42□23 の2つめのカラーは、
カラー5 ツヤありアンティークブラウン です。

本体のカラーは、
あえてツヤを出すメッキ処理でフィニッシュした
アンティークな茶色。

カットリム部分に塗られている
マットブラックの七宝によって、
黒いメガネの似合う人に、
このカラー5 が似合うようになっています。

普段は「黒メガネ族」の人でも、
安心して掛けていただけるかと思います。

ツヤありの本体の質感と、
マットなリム前面の風合いの違いが
ハイセンスな雰囲気を持っています。




あえてツヤを出すメッキ処理でフィニッシュした
アンティークな茶色
(画像は、42□23 サイズの カラー5 ツヤありアンティークブラウン です)



カットリム部分に塗られている
マットブラックの七宝
(画像は、42□23 サイズの カラー5 ツヤありアンティークブラウン です)


42□23 の 3つめのカラーは、
カラー7 アンティークゴールドです。

半分ほどマットなアンティーク仕上げの
燻(いぶ)したゴールドカラーですが、
リム前面は完全にツヤありの黒を使用。

このコントラストによって
若々しいアクティブさ加減を感じさせる、
新時代のベーシック・クラシック・カラーとなっています。




半分ほどマットなアンティーク仕上げの
燻(いぶ)したゴールドカラー

(画像は、42□23 サイズの カラー7 アンティークゴールド です)



リム前面は完全にツヤありの黒を使用
(画像は、42□23 サイズの カラー7 アンティークゴールド です)


42□23 の 4つめのカラーは、
カラー9 アンティークシルバーです。

半分ほどマット、半分ほどツヤありの
中間的なツヤ加減を持つアンティーク仕上げの
燻(いぶ)したシルバーカラーに、
リム前面はマットな薄茶色がかったグレーを指定。

すると、なんとも微妙な
グレーのような薄茶色のような
独特なる質感のマット転写として
完成してきたのがこのカラー9 のリム前面です。

一見するとやや濃いめのグレーですが
見る角度によって、わずかに暖かみのある
薄茶の要素が見て取れます。

風合いのある、
「禅(ぜん)」を思わせる…
深みに富んだ落ち着きを看取(かんしゅ)させる、
唯一無二の個性を持つクラシックカラー
の誕生です。




グレーのような薄茶色のような
独特なる質感のマット転写

(画像は、42□23 サイズの カラー9 アンティークシルバー です)



「禅(ぜん)」を思わせる、深みに富んだ落ち着きを看守(かんしゅ)させる
(画像は、42□23 サイズの カラー9 アンティークシルバー です)



それでは大きいほうの、
44□23の4つのカラーのご説明です。


カラーの1つめは、
カラー2 アンティークシルバーです。

小さいほうのサイズでも
アンティークシルバーはありましたが、
こちらは前リムのカラーが濃い茶マダラ転写。

きわめて正統派のクラシックな、
「いぶした銀」と「茶色マダラ」の、
キンブオブアンティークといえる組み合わせです。

かなり濃い茶色マダラが
リム前面に塗られているため、
遠くから見ると焦げ茶一色のようにも見えますが、
近づいてよく見ると
マダラ模様がよくわかるようになっています。

大きめサイズのゼプラーにして、
大人びた直球のアンティークをチョイスしています。




「いぶした銀」と「茶色マダラ」の、
キンブオブアンティークといえる組み合わせ

(画像は、44□23 サイズの カラー2 アンティークシルバー です)



近づいてよく見るとマダラ模様がよくわかるようになっています
(画像は、44□23 サイズの カラー2 アンティークシルバー です)


44□23 の2つめのカラーは、
カラー4 ツヤありアンティークブラウンです。

こちらのアンティークブラウンは、
リム前面の色にツヤありの黒を使用。

ツヤなしの黒だと若々しさが前面に押し出され、
ツヤありの黒だとラグジュアリーな高級感が
強く主張されているという感じです。

全面においてツヤあり。
全面においてラグジュアリーな大人の高級感。




ツヤありの黒だとラグジュアリーな高級感が
強く主張されているという感じです

(画像は、44□23 サイズの カラー4 ツヤありアンティークブラウン です)


44□23 の3つめの色は、
カラー6 アンティークゴールドです。

マットとツヤの配分は、
どちらかというとツヤよりもマットのほうが
優勢な感じが、
このアンティーゴールドにはあるようです。

マット優勢の本体 対 ツヤのリム七宝という
コントラスト重視のコンセプトはそのままに、

こちらのカラーは、
ゴールド系のゴールドらしさを
より高く強く引き出すように
計算されたクリア茶色七宝のトーンが
選ばれています。

ゴールド系の「高級感」を
引き出すことに注力(ちゅうりょく)した
大人の雰囲気を目指すこの「大きいサイズ」の
カラー6は、芸術的な組みあわせを見いだし得て
ラグジュアリー・モードの装いの世界に
到達しています。




マット優勢の本体 対 ツヤのリム七宝
(画像は、44□23 サイズの カラー6 アンティークゴールド です)



芸術的な組みあわせを見いだし得て
ラグジュアリー・モードの装いの世界に

(画像は、44□23 サイズの カラー6 アンティークゴールド です)


44□23 の4つめの色は、
カラー8 ツヤありシルバーです。

シャープな高級感を持つ
チタン素材のシルバーカラーに、
涼しげな明るめのマットなグレーを
リム前面に塗ったもの。

宝飾にも似た高級感を醸(かも)し出す
ライトグレー系統のコンビネーションです。

白い服を着た人によく似合うような
独自の上品さを持った組み合わせです。




シャープな高級感を持つ
チタン素材のシルバーカラー

(画像は、44□23 サイズの カラー8 ツヤありシルバー です)



白い服を着た人によく似合うような
独自の上品さを持った組み合わせ

(画像は、44□23 サイズの カラー8 ツヤありシルバー です)
ゼプラー
各サイズの各カラー紹介
42□23サイズ (小さいほうのサイズ)
↑ ゼプラー 42□23 カラー1
本体:ツヤありシルバー  リム:茶マダラ転写

↑ ゼプラー 42□23 カラー5
本体:ツヤありアンティークブラウン  リム:黒マット

↑ ゼプラー 42□23 カラー7
本体:アンティークゴールド  リム:ツヤあり黒

↑ ゼプラー 42□23 カラー9
本体:アンティークシルバー  リム:マットウォームグレー

44□23サイズ (大きいほうのサイズ)
↑ ゼプラー 44□23 カラー2
本体:アンティークシルバー  リム:濃い茶マダラ転写

↑ ゼプラー 44□23 カラー4
本体:ツヤありアンティークブラウン  リム:ツヤあり黒

↑ ゼプラー 42□23 カラー6
本体:アンティークゴールド  リム:ツヤありクリア茶
↑ ゼプラー 44□23 カラー8
本体:ツヤありシルバー  リム:ライトグレー
写真撮影のご協力は
岩手県 スマイルメガネ研究舎 盛岡MOSSビル店さんです
 
ゼプラー 品揃店
ゼプラー
会員店ならどの店でも在庫していますが、
特に下記の店では、
各サイズ2色以上の品揃えをしています。
 のマークのついているお店は、全色在庫です。)

北海道


東北

福島県 石津屋時計店

岩手県 スマイルメガネ研究舎
盛岡MOSSビル店


関東甲信越

東京都 マリコ眼鏡店       *

東京都 オプティック・レインボー   


千葉県 optic DAIWADO


中部東海

静岡県 時計メガネ宝石のオガワ


近畿北陸

大阪府 アイトピア          *

京都府 京都メガネ館・本店       *

兵庫県 メガネのアマガン センター店


中国



四国

高知県 メガネのハマヤ


九州

 
ウスカル会のオリジナルフレーム

のページに戻る